Advanced Editor Tools(旧TinyMCE Advanced)の設定と使い方【エディター機能拡張 WordPressプラグイン】

WordPressのプラグイン「Advanced Editor Tools(旧TinyMCE Advanced)」の設定方法と使い方を解説します。

Advanced Editor Toolsのメリット
  • 記事を装飾を拡張できる
  • デザイン性が高い記事を作りやすくなる

WordPress初期のエディターは限定的な機能になるので、このプラグインをインストールすることで記事の幅が広がります。

ブロックエディターで使うこともできるプラグインなのですが機能が少ないです。
「Classic Editor」を使った旧式のエディター向けのプラグインになります。

「Classic Editor」については、こちらの記事を参考にしてください。

実際にWordPressにインストールしてから設定までは以下の流れになります。

Advanced Editor Tools のインストール

WordPressの「プラグイン」⇒「新規追加」から、「 Advanced Editor Tools 」を検索してインストールして有効化してください。

ブロックエディターとクラシックエディターで設定が変わります。

Advanced Editor Toolsの使い方

まずはブロックエディターの使い方を説明します。

※ブロックエディターで 「 Advanced Editor Tools 」 を使う意味はないので読み飛ばしてもOKです。

ブロックエディターの設定

ブロックエディターの初期状態は以下のような装飾機能があります。

「 Advanced Editor Tools 」 の「ブロックエディター(TinyMCE)」で設定を行います。

できることはメインツールバーと代替サイドツールバーの項目移動になります。

投稿に反映されます。

「 Advanced Editor Tools 」 はブロックエディターでは使う意味がありません。テーマ側でも装飾の拡張機能があることが多いので、ブロックエディターでは使う必要はないでしょう。

ただし旧エディターの「クラシックエディター」に関しては、「Advanced Editor Tools 」 を使う意味がありまます。

クラシックエディターの設定

クラシックエディターで 「Advanced Editor Tools 」 を使う場合、WordPressのプラグイン「Classic Editor」をインストールする必要があります。

「Advanced Editor Tools」を有効化する前はこの状態になります。

「設定」⇒「Advanced Editor Tools(TinyMCE Advanced)」で設定します。

「旧エディター(TinyMCE)」タブをクリックして変更可能です。メニューはドラッグ&ドロップで好きなように設定できます。

投稿に反映されます。

Advanced Editor Toolsまとめ

「Advanced Editor Tools」は「Classic Editor」とセットで使うのがおすすめのプラグインです。

「Classic Editor」のサポートは2021年に終了と言われていましたが、開発元によるとサポートは継続されるようです。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

今はブロックエディターが初期設定となっているので、そちらに慣れておくこともおすすめします。

WordPressのテーマによっては、慣れればブロックエディターのほうが圧倒的に書きやすいので良いテーマを見つけてプラグインを少なくすることをおすすめします。