Classic Widgetの設定と使い方【ブロックエディターのウィジェットを無効化するWordPressプラグイン】

WordPressのプラグイン「Classic Widget」の設定方法と使い方を解説します。

Classic Widgetのメリット
  • ブロックエディターのウィジェットを無効化して以前のバージョンに戻すことができる

WordPress5.8からウィジェット機能が新しくなり、ウィジェットにもブロックエディターが使われるようになりました。

※テーマによってウィジェットの表示が変わります。

新バージョンのウィジェットになったら、テーマの表示が崩れたという口コミも多いです。※テーマ側が新機能に対応していないため。

「Classic Widget」は以前のウィジェットに戻すことができるプラグインになります。

実際にWordPressにインストールしてから設定までは以下の流れになります。

Classic Widgetのインストール

WordPressの「プラグイン」⇒「新規追加」から、「 Classic Widget 」を検索してインストールして有効化してください。

有効化すると以前のウィジェットに戻ります。

※プラグインで戻すと「ブロック」というパーツになるので修正してください。

functions.phpでウィジェット対応

プラグイン以外にも、function.phpを修正してウィジェットのブロックエディターを無効化することができます。

function.php(小テーマで行うことを推奨します)に以下のコードを追記してください。

function remove_widgets_block_editor() {
    remove_theme_support( 'widgets-block-editor' );
}
add_action( 'after_setup_theme', 'remove_widgets_block_editor' );

remove_widgets_block_editorは各自で名前を変えても問題ありません。

Classic Widget まとめ

Classic Widget はブロックエディターのウィジェットを無効化したい人向けのプラグインになります。

今はブロックエディターが初期設定となっているので、そちらに慣れておくこともおすすめします。

テーマによっては今後、対応してくるはずなので、それまでの間は「 Classic Widget 」を使っていてもいいと思います。