PublishPress Permissionsの設定と使い方【特定のページを編集できるWordPressプラグイン】

WordPressのプラグイン「PublishPress Permissions」の設定方法と使い方を解説します。

WP Revisions Controlのメリット
  • ユーザーごとに投稿、固定ページなど特定のページを編集できる権限を付与
  • カテゴリー、タグごとなどグループごとに編集できる権限を付与

WordPressを複数人で管理したとき、特定のページだけに編集権限を付与したいことがあります。

「 PublishPress Permissions 」は、ユーザーに対して編集できるページ・カテゴリーなどを設定することができます。※投稿・固定ページからも設定可能です。

実際にWordPressにインストールしてから設定までは以下の流れになります。

PublishPress Permissionsのインストール

WordPressの「プラグイン」⇒「新規追加」から、「 PublishPress Permissions 」を検索してインストールして有効化してください。

「PublishPress Permissions」は、いくつかの設定方法があるので一つ一つ解説します。

ユーザーの追加

権限設定を確認するためにユーザーを2人追加しました。

この2つのユーザーを使って確認していきます。

PublishPress Permissionsの設定

PublishPress Permissionsの設定は、ユーザー画面と投稿画面から設定ができます。

ユーザー画面からの権限設定

「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」⇒対象ユーザの「編集」をクリックしてください。

「customize this user directly」をクリックしてください。

  • Post Type:権限を付与したいデータを選んでください
  • Operation:編集を選んでください
  • Adjustment:Enableを選んでください。
  • Select投稿:権限を付与したいデータを選んでください。

選択が完了したら「Add Select」をクリックしてください。

「Save Permissions」をクリックしてください。

権限が付与されました。

user1でログインをすると、権限を付与されたデータの編集ができます。

権限のないuser2には表示されません。

1投稿ごとではなく、カテゴリー(タグ)ごとに設定も可能です。

投稿画面からの設定

投稿画面の「Permission 編集 this 投稿」⇒「ユーザー」⇒「ユーザー名を入力」して検索⇒ユーザーを選択して「select」をクリックしてください。

「Enabled」になれば権限が付与されています。

RolesやGroupsごとに設定も可能です。

ユーザーごとの権限レベルを設定

ユーザーごとに権限レベルを付与することもできます。

例えば「投稿者」権限の場合、固定ページの作成ができないので該当ユーザーに「編集者」権限を与えます。そうすることで投稿者ユーザーでも固定ページを作成することができます。

「ユーザー」⇒「ユーザー一覧」⇒対象ユーザの「編集」をクリックしてください。

「customize this user directly」をクリックしてください。

「Post Type」と「Role」を選択して「Add Role」をクリックしてください。

今回はuser1に対して、固定ページを編集できる「編集者」権限を付与します。

「Save Roles」をクリックしてください。

これで権限が付与されました。

実際に固定ページが編集できればOKです。

※この機能で編集者権限を付与すると他人の固定ページも編集できてしまいます。より詳細な設定をする場合は有料のPro版を使う必要がありそうです。

PublishPress Permissionsの権限

PublishPress Permissionsは設定によって公開や削除ができないことがあります。

各種設定をした表をまとめたので参考にしてください。

ログインユーザーの投稿権限

管理者編集者投稿者寄稿者購読者
投稿×
編集
削除××

寄稿者はレビュー待ちになります。レビュー待ちの記事のみ編集・削除可能。※管理者が公開したものは編集・削除不可。

投稿者は自分が投稿した記事のみ編集・削除が可能です。

購読者は管理者が権限を付与した記事のみ編集可能です(新規投稿・削除は不可)。

管理者が投稿したデータの編集権限

管理者編集者投稿者寄稿者購読者
編集
削除×××

※寄稿者はページに権限があればレビューなしで編集可

他ユーザーの投稿

管理者編集者投稿者寄稿者購読者
編集
削除×××

※寄稿者はページに権限があればレビューなしで編集可

カテゴリー(タグ)権限を付与

管理者編集者投稿者寄稿者購読者
編集
削除×××

※寄稿者は権限があればレビューなしで編集可

権限を変更した場合、権限グループで作ったデータと権限付与されたデータのみ編集可能
例)投稿者で作ったデータ、投稿者⇒寄稿者に権限を変えたら編集不可

PublishPress Permissionsまとめ

PublishPress Permissionsは、ユーザーごとに特定のページを編集したい時に便利なプラグインです。

設定が少々複雑なので、運用ルールをしっかりと決めないとトラブルの原因になってしまいます。